〜その契約ちょっと待った!!〜誰も教えてくれなかった不動産・賃貸屋さんの裏側

後悔しない賃貸物件の探し方〜戸建て・マンション・アパート〜 

引越し一括見積もり[無料]

部屋を探す時誰でも遭遇しがちな疑問やトラブル。後悔しない部屋の見つけ方を教えます。

サイトマップ

ペットとの同居

@ ペットは管理と修復面が障害である

賃貸住宅では、ペットが飼える物件は非常に少なく、情報誌などのペット可という表示の物件を探さがしてみると、すぐわかります。



その理由は2つあります。その一つは管理面で、ペットの騒音、糞、臭いなど生活全般のトラブルです。

このトラブルはペットの数に比例します。

近隣の住人の鳴き声がうるさいという苦情に対して、ほとんどの場合簡単に改善できません。

ペットによるトラブルが発生した場合、大家はほかの住人からの苦情を何度も受けることを覚悟しなければいけません。

もう一つは退去時の問題です。

部屋に動物特有の臭いがしみつき、次の借り手がつかなくなることもよくあります。

また、ネコなどのつめを研ぐ習性のある動物は、壁紙やサッシを傷つけるために、壁紙やその他の原状回復費用、消毒・消臭費用と多額の修復費用が必要になり、借り主の負担だけでなく、結局、大家にも大きな負担になる場合が多いのです。

ペットの飼育がすべて、こうしたトラブルを起こすわけではありませんが、大家としては予想できるトラブルはできるだけ回避したいので、ペット可の物件は人気がありますが、大家としては容易にペット可にはできない事情もあるのです。

A ペット可物件

ペット可物件は、おもに2種類あります。

一つのタイプはペット専用マンションとして、最初からペットとの同居を目的として建築されている物件です。

消臭壁紙、ペットの足洗い場、耐久性の高いフローリング、ペット専用の浴室などを備えたマンションもあります。

しかし、大部分が分譲マンションで、賃貸は絶対的に少ないので、家賃も高くなり、ある大手建設会社のペット専用賃貸マンションの場合、家賃に3〜20パーセントの上乗せを想定しているようです。

もう一つのタイプは、ふつうの賃貸住宅をペット可にするというもので、ほかの物件と差別化を図るために、ペット可にして入居者を募ろうというもので、実際にはこれが80パーセント以上であると思われます。

ペット可物件は、契約時に通常の敷金に1カ月分上乗せされる場合が多いのですが、その理由はペットのいた部屋の補修、消毒・消臭等々にお金がかかるケースが多いためです。

この様なペット可物件は、物件の便、環境、築年数等に何かの問題がある場合も少なくありません。

問題がなくて集客力ある物件であれば、最初からトラブルが予想されるペット可などにはしません。

また、最初からペットを飼うことを想定して建てられたものではないので、サッシの傷、防臭、つめによる傷は、ペットの飼い主のほうで十分注意する必要があります。

ペット可の表示は傷をつけても可をということではありません。

退室時にペットが汚した箇所の補修も請求されるので注意をしてください。

大部分のペット可物件ではペットに関する念書を書かされます。

ペットの飼い方やトラブルが生じたときの取り決めです。

最近は、ペット可物件を得意とする不動産会社があり、トラブル対処のための様々なノウハウをもっていて、ペットの入居審査(吠えないなどのしつけを見る)までするところもあります。

このような会社は専門的な情報を収集しているので、物件は豊富で、理屈に合わない無理な覚え書きを結ばされる可能性は少ないようです。


B ペット飼育の難易度ランキング

〔小動物〕難易度★

ハムスター、小鳥などの小動物でよくペットと見られていない場合があります。

飼ってもよいとは言えませんが、籠の中で飼われ、泣き声、臭いなどトラブルになることは非常に少ないのです。

〔室外犬〕難易度★★

通常のアパート、マンションでは飼えませんが、一戸建ての賃貸、庭付きのテラスハウスでは「室外犬のみ可」という物件は多くて、戸外で飼える環境があれば、室内犬よりも承認されやすいようです。

〔室内犬〕難易度★★★

室内での飼育は、犬のほうがネコより有利です。

基本的に戸外で糞尿するし、ネコのようにつめを研ぐ習性もありませんが、よく散歩させないと、吠えたり、室内で用を足したりするので注意が必要です。

〔ネコ〕難易度★★★★

入居中は、それほど大きなトラブルはありませんが、大家はつめで引っかく習性があるため、退室後、最悪の場合は、壁紙、襖、ドア、畳などすべての張り替えをしなければいけない事態を懸念しています。

実際はほとんど被害がない場合もありますが、不十分な躾によって、かなりひどい状況になることもあるようです。

部屋探しの常識
住む場所を決定するポイント
情報誌で物件の相場が分かる
インターネットは部屋探しの最も強力な手段
ターミナル系不動産会社は部屋探しのガイドとして大いに活用する
地域密着系不動産会社は、優良物件に出会う確率が高い
不動産会社に足を運ぶ場合のゴールデン・ルール
元付けと先付けについて
部屋探しの最適な時期
不動産業者との接し方
物件情報のチェックポイント
内見前の事前準備
内見時の部屋のチェックポイント
部屋の外部のチェックポイント
周辺の店と施設のチェックポイント
家賃を決定する6つの要素
家賃の明確な根拠はない
最後的に自分の判断基準で決める
自分にとっての掘り出し物件を探す
入居時に必要な費用
値引き交渉のポイント
値引き交渉できる部屋
相手が受け入れる交渉のテクニック
公営住宅の部屋探しの初期責用は安い
契約手続きの日程を計画する
入居申し込みから契約書の捺印まで手順
入居申し込み時に多いトラブル
審査は年収・職業・保証人・人柄がポイントである
契約は人居手続きの最終段階である
定期借家契約
契約後は傷・汚れのチェックが必要である
契約上の卜ラブルの対処方法
引越し手段
見積もりは最低3社
引っ越しを安い費用で、円滑に行うポイント
最初のあいさつが最も重要である
転居の手続き
部屋の鍵
貸し主の管理で住み心地は変わる
管理の責任範囲
入居後のトラブルの解決方法
住人同士の騒音トラブルへの対処
契約の更新時の注意点
退室の手順
敷金の返金
敷金の現状と対応策
敷金を取り戻す方法
敷金が戻ってこないケース
やむをえず退室する場合の敷金
立ち退きを要求された場合の対応方法
自分の条件に合った物件は見つかる
ペットとの同居
デザイナーズマンションに住む
激安物件
友達とのルームシェア
全国の不動産情報
学生向けの不動産情報
引っ越し・敷金に関する情報
リンク集
ハウスクリーニング一括見積もり【無料】
20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
手形 金利



































後悔しない賃貸物件の探し方〜戸建て・マンション・アパート〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。